iPadについて考える

Apple

4/21のAppleイベントにおいて、新型のiPadが発表されると予想されています。楽しみにされている方も多数いると思いますので、改めてiPadについて考えてみました。

iPad モデル

2021年4月19日現在、iPadは複数のモデルが存在しています。簡単に表にまとめてみました。

サイズ性能最安価格カラー認証最小容量発売時期
Pro 12.912.9A12Z115,280円2色128GB2020/3/25
Pro 1111A12Z93,280円2色128GB2020/3/25
Air10.9A1469,080円5色指紋64GB2020/10/23
無印10.2A1238,280円3色指紋32GB2020/9/18
Mini7.9A1250,380円3色指紋64GB2019/3/30
iPad モデル一覧 (2021/4/19)

価格はApple Storeでの価格です。Amazonではタイミングによりセールや値引きなどがありますので、上記の表は一つの参考にしてください。

iPad 選考基準

いわゆる「どのモデルを買えばよいか」という話です。個人的な観点は以下の4つ。性能については現行モデルの一般的な使用用途であれば体感的にはほとんど変わらないという主観なので、割愛させていただきます。

価格

予算で選ぶとどうしても下位スペックになってしまうので、それなりの予算は確保しておきたいところです。後述しますが、最安価格の無印iPadは容量が32GBなのでデータやりくりに苦しく、現実的には128GBモデルで49,280円が最低限必要だと考えておくべきです。

画面サイズ

軽くて小型なサイズが欲しければMini一択、逆に大型サイズが欲しければPro 12.9インチ一択。そのほかのモデルは10-11インチなので、性能や価格、カラーなどで決めることになります。

容量

iPadを快適に長期間使用するには、最低64GBが必要だと思ってください。32GBでは割り切った使い方しか出来ず、iPadの可能性を摘んでしまいます。目先の安さにとらわれず、長期的な視点で検討することをおすすめします。

セルラー通信

iPad自体に通信機能をつけると単体で通信端末になるので、外出や外作業が多い方などは非常に便利に使用できるようになります。ですが、ここでもネックとなるのが価格。通信機能をつけると約15,000円ほどかかります。加えて通信料金も毎月発生するため、悩ましいところです。

よっぽど強い理由がない限りはセルラー通信は見送り、スマートフォンのテザリング運用が現実的なのかなと思います。

iPad 購入理由

iPadが欲しくなる理由を考えてみました。大きくは下記の点ですね。

  • コンテンツを大画面で楽しむ(動画視聴、ゲーム)
  • クリエイティブ作業(イラスト、画像・動画編集)
  • 手書きノート(要Apple Pencil)

ですが筆者が個人的に思う最大の購入理由は下記の2つです。

  • 使用するたびに得られる満足感
  • かっこいい/かわいい

非常に単純な理由ですが、この感覚は大事にして欲しい部分です。

まとめ

色々書いてきた部分のまとめです。

  • 画面サイズと容量とカラーで選べばOK
  • お金はかかる(最低5万円)
  • 容量は64GB以上

個人的なオススメはiPad Airです。性能と価格のバランスが良くデザインもスッキリしているので、いろんな用途・場面で活躍してくれます。

Amazonでの購入はこちらから

Amazon | 2020 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) - スカイブルー (第4世代) | Apple(アップル) | タブレット 通販
2020 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) - スカイブルー (第4世代)がタブレットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました