iMac 2021 考察

Apple

4/21(水)、新型のiMacが発表されました。今回のiMacは前モデルから比較するとかなりスリムになり、カラフルでポップな印象を受けています。

筆者はiMacを所有したことがないのですが、非常に購買意欲をそそられる面があります。今回はそんな新型iMacについて見ていきたいと思います。

デザイン

兎にも角にもデザインではないでしょうか。24インチディスプレイ自体がほぼ本体、電源コードを背面につなげばキーボードもマウスもワイヤレス。非常にシンプルなデザインなので、デスク周りがスッキリすることは間違いないでしょう。

ただベゼルのカラーはホワイト統一ではなく、本体カラーと同じにしてもよかったのではないかと思います。デザイン的には。

性能

2020年に登場したApple siliconことM1チップ。非常に性能がよく完成されたCPUがiMacにも搭載されています。

各所で言われているのは「MacBook Airと同じ」「Mac mini」でもよいとの指摘。そうなんですよね、CPUが同じということは基本的には処理性能も同じということ。スペックにおいてiMacならではの優位性はないように感じます。

強いて言うならばカメラとスピーカーとマイクですね。ビデオ通話の頻度が高い方やライブ配信をされる方、音楽や映像作品の視聴用途であれば、iMacの方が有利です。

占有面積

ディスプレイのみを配置する感覚で、非常にコンパクトな占有面積となります。新型iMacは、今までのiMacの代表的なサイズであった27インチから24インチにインチダウンしている分、少しコンパクトなデスクにも配置できるサイズ感になっています。

個人的には24インチくらいが視界にすべてが収まるのでちょうど良いかなと。

価格

USBや有線LANポートが省かれた最安モデルで154,800円〜。いわゆる「吊るし」(SSD256GB、メモリ8GB)になりそうなモデルで177,800円〜。それなりにパソコンの価格ですね。ほぼ同じスペックのMacBook Airが115,280円〜なので、MacBook Airのコスパの良さが際立つ結果となっています。

もう少し(2-3万円くらい)安ければ、というのが素直な気持ちです!

どんな人に刺さるか

いろいろとイメージしてみたのですが、なかなか刺さる層がないですね。10代には高価すぎますし、20代・30代はMacBook Airの機動性の方が刺さりますし、40代を超えてくるとデザインがポップすぎるのですよね。

4Kモニターも値段が落ち着いている点と、新型iMacはおそらく拡張性がないという点でも、個人ユースは少し厳しいのではないかと予想してしまいます。

想定ターゲット層はどこなのでしょう。。

まとめ

  • MacBook Airが現状最強
  • ポップなデザインPCが欲しい方
  • 様子見でいいかも
Amazon | 最新 Apple MacBook Air ノートパソコン: Apple M1 Chip、13インチ、8GB RAM、256GB SSD、バックライトKeyboard、FaceTime HDカメラ、Touch ID、iPhoneとiPadに対応 - スペースグレイ | Apple(アップル) | パソコン・周辺機器 通販
最新 Apple MacBook Air ノートパソコン: Apple M1 Chip、13インチ、8GB RAM、256GB SSD、バックライトKeyboard、FaceTime HDカメラ、Touch ID、iPhoneとiPadに対応 - スペースグレイがパソコン・周辺機器ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便...

といった感じです。iMac自体の完成度は非常に高いレベルにあるとは思いますが、自社製品に強すぎるライバルがいることで、よりMacBook Air及びMac miniが売れるのではないかと思ってしまいました。

予約は明日、4/30(金)より開始です。予約される方はお忘れなく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました