Fire TV Stickのススメ

基本

オウチ時間や外出自粛といったことから、自宅で過ごす時間が多くなっている方が増えています。ここ最近は少し落ち着いてきたようですが、それでも以前に比べると、今後も自宅で過ごす時間は増えていくかもしれません。自宅で過ごす時に一番手軽に楽しめる娯楽が、動画観賞です。今回はそんな動画鑑賞に使用できるデバイス「Fire TV Stick」を紹介いたします。

Fire TV Stickは何ができるか

Amazonが販売している、動画視聴に特化したデバイスであるFire TV Stick。名前の通りスティック状の形になっており、本体をテレビのHDMI端子に接続して電源を接続するだけで、お使いのテレビで動画視聴が簡単に行えるというデバイスです。基本的にはHDMI端子に接続さえ出来れば、どんなテレビにも使用できます

対応している動画サービス

Prime Video、YouTube、Netflix、TVer、GYAO!、U-NEXT、DAZN、Disney+、FOD、Apple TV+など

Amazon Fire TV Stick販売ページより引用

AmazonのサービスであるPrime Videoはもちろん、人気のYouTubeやNetflixなどにも対応しています。これ1台あれば、有名どころの動画配信サービスは利用できます。

※もちろんそれぞれのサービスに対してユーザー登録や料金などは必要となってきます。

操作しやすいリモコンが付属

音声入力はもちろん、ソフトウェアキーボードの入力で、文字検索も出来ます。リモコン上部の円形の部分が上下左右のボタンになっており、真ん中が決定ボタンです。このリモコンの感覚は結構クセになるくらい押しやすいです。再生や早送り早戻しなどの最低限のボタンですが、反応もよくとてもシンプルなリモコンです。

また、写真のモデルは少し古いものですが、最新のモデルにはテレビの電源ボタンと音量調整ボタンも付属しているので、より使いやすく改良されています。

こんな方にオススメ

少し年数が経過したテレビを使用されている方には特にオススメです。というのも数年前のテレビには通信機能が内蔵されていないモデルが多く、大きなテレビの画面で動画視聴サービスが前提となっていないモデルが多かったからです。

結構古めのテレビをもう一度活用したい、テレビ番組はあまり見ないが、映画などはスマホではなくテレビで楽しみたい、といった方にオススメです。

逆に最近販売されているハイエンドの大型テレビには、各種動画配信サービスに対応する機能が本体に内蔵されているため、Fire TV Stickは不要となるケースもあります。

各種モデルの紹介

標準モデルであるFire TV Stick : 4,980円
4K対応のFire TV Stick 4K : 6,980円
よりハイパフォーマンスのFire TV Cube : 14,980円

という3モデルのラインナップになっています。この中では圧倒的に最安値のFire TV Stickをオススメします。特にモッサリとした動作になることもなく、筆者はこのモデルで問題なく使用できています。また4Kについてはテレビ側が4Kであれば検討する価値はありますが、まだコンテンツ側が4Kに対応しきれていない部分もあるので、あえて4Kににする必要は薄いと感じています。

自宅をより快適な空間に

スマホやタブレットでも動画視聴は出来ますが、多人数視聴には向いていません。Fire TV Stickがあれば、今ある大きなテレビで動画視聴が楽しめるようになり、より迫力のある映像を多人数で楽しむことができます。

Fire TV Stickがあれば、お持ちのテレビの魅力が一段階あがり、より快適な動画視聴環境を手に入れることが出来ます。大画面での動画視聴に興味がある方、是非購入をご検討ください。

Amazonでの購入はこちらから

Amazon.co.jp: Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー : Amazonデバイス・アクセサリ
Amazon.co.jp: Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー : Amazonデバイス・アクセサリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました