PHARMA CHOICE 整腸薬

健康

整腸薬と聞いて一番にイメージする薬は「ビオフェルミン」ではないでしょうか。筆者はよくお腹の状態が悪くなるので、長年ビオフェルミンと付き合ってきました。

薬を飲む機会が多い為、コスト的にちょっと高いかなと思っていたところ、コストパフォーマンスに優れた整腸薬と出会えましたので、今回紹介させていただきます。

PHARMA CHOICE (ファーマチョイス)

PHARMA CHOICEとは、ネットショップでおなじみのAmazonのプライベートブランドです。Amazonで「PHARMA CHOICE」と検索していただくと、風邪薬や湿布など非常にたくさんの製品が表示され、一定の評価を得ていることが分かります。

今回はその中でも「整腸薬」についての紹介です。

[Amazon限定ブランド] [指定医薬部外品] PHARMA CHOICE 整腸薬 550錠 | PHARMA CHOICE(ファーマチョイス) | 整腸剤
PHARMA CHOICE 整腸薬 550錠が整腸剤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

整腸薬の成分 (ビオフェルミンとの比較)

ビフィズス菌24mg
ラクトミン(フェカリス菌)24mg
ラクトミン(アシドフィルス菌)24mg
9錠中の成分(PHARMA CHOICE整腸薬)
コンク・ビフィズス菌末18mg
コンク・フェーカリス菌末18mg
コンク・アシドフィルス菌末18mg
9錠中の成分(新ビオフェルミンS錠)

どちらも期待される効能としては「便通を整える / 軟便、便秘、腹部膨満感に」とあります。成分的にも同様の乳酸菌が使用されており、PHARMA CHOICEの方が含有量は多めとなっています。

添加物や細かい製法などが異なるとは思いますが、期待される効果としてはどちらも同様なのかなと個人的には判断しました。

コストパフォーマンス

筆者が目をつけたのはコストの部分です。PHARMA CHOICEの方は550錠で1,478円に対して、ビオフェルミンは540錠で2,300円程度と、1,000円近い差があります。ビオフェルミンは長年の実績と信頼感がありますが、コストの面では見過ごせない価格差がありましたので、筆者はPHARMA CHOICEの整腸薬を使用することにしました。

体感として

筆者はひと月前の4月からこちらの整腸薬を服用しています。体感としてはキッチリと整腸薬の役割を果たしてくれており、ビオフェルミンと遜色ない効果が出ていると思っています。

ただこれには個人差もあると思っており、Amazonのレビューを見ても「ビオフェルミンに戻した」といった内容もありましたので、筆者の体感は一例として捉えていただければ幸いです。

整腸薬を常用される方にはオススメ

プライベートブランドということで、ちょっと怪しいなと思われる方にはオススメできませんが、ブランドはあまり気にせず、整腸剤を常用されておりコストを下げたい方にはオススメできる薬だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました